Vol.91
レジオン株式会社
代表取締役社長 森 和平

これからもより地域に根差し、より地域に必要とされる「レジオン」であり続けます。

当社の特徴と今後の事業展開

会社名のレジオンとは、英語・仏語で「地域」という言葉を表します。我々は地域での地域貢献、地域のインフラ、ライフラインとして存在し貢献したいと思っております。その為には50年存続し永続できる企業を目指しています。また当社の介護タクシー事業は、県内最大規模の車両保有数で、年間送迎回数としては4万人以上が利用しています。今後は、高齢者だけの輸送だけではなく障がい児の移動支援にも対象を広げていきます。

人材に対する想い

一緒に働くスタッフが、ご利用者様の笑顔の為に出来る事を行っております。その為に、私達はただ利用者様に喜んで頂くだけではなくお客様の気持ちになって行動できる人であって欲しいと思っています。その一環として、お客様の喜びがスタッフの喜びになれるよう、会社はスタッフが自発的に行動する為の取り組みを行っています。内容としては、利用者様向けのイベントを開催したり、利用者様からの感謝の言葉を社員総会でスライド上映しています。普段からハードワークをしていると、スタッフ自身がやらされている感に支配されていくか、燃え尽きてしまうかの2つのパターンに分かれると思っています。なので、スタッフ自身に今以上に会社の考えに共鳴してもらい、ご利用者様の為に出来る事を考えていけるように、様々な形でスタッフにエネルギーを注入していきたいと今後も考えています。そして、その事を一緒に考えられる人材と一緒に働ければと思っています。

育成への取り組み

育成の取り組みとして、一緒に働くスタッフが会社を好きになってもらう事と自分自身で考えさせる事に力を入れています。取り組みの1つとして、研修制度を外部の企業と契約し、年3回~4回程度のビジネス初級~経営者クラスまでの勉強が出来る環境としています。また、社員総会(アルバイト・パートも含む)を年に一回全員が集まって行い、会社の経営状況を知ってもらっています。会社の経営状況を知る事で自分が行っている事が数字に直結していると意識し、、数字の責任を他責にせず責任を持って行動して欲しいからです。そして、全従業員で話す事は出来ないので、社内で独自の掲示板を作成し意見交換をしたり、社長自身も日記を書くことでスタッフの意見や社長の考えを知ってもらえるようにしています。私の仕事に対してと福祉に対しての考え方が職員と同じ方向という事を確認する為のきっかけの一つともなっています。

かんばん娘のここが好き
リハビリデイ3年目の社員です。当社の好きな所は、森社長の仕事に対してと福祉に対しての考え方が職員と同じ方向を向いてる所です。法改正により、通所介護は厳しい立場に置かれますが、利用者様の笑顔と地域の皆さんの笑顔をモットーにいつまでも本人らしく暮らしていくお手伝いが出来ればと思っています。これからも、利用者様にありがとうと笑顔で感謝され続けていけるように取り組んでいきたいです。

レジオン株式会社

本社所在地 神奈川県横浜市磯子区森3-9-12
設立 1999年(平成11年)8月
資本金 10,000千円
事業内容 訪問介護事業・居宅介護支援事業・福祉用具貸与事業(法人向け・一般向け)・一般旅客運送自動車事業認可(介護タクシー)・通所介護事業・ライフサポート事業・古物商・その他介護事業全般
業種 医療・福祉・教育
URL http://fukushinomori.co.jp/index.html
pagetop