Vol.376
三嶋商事株式会社
代表取締役 三嶋賴之

治療食や介護食にも手に取る楽しさを。地域医療に寄り添いながら進化する食品商社です

当社の特徴と今後の事業展開

当社は治療食・介護食の専門卸として創業。病院等への直販で得られた情報を元に、現在は業界に先駆けてECサイトによる小売も展開中です。全国や海外から注文が増える中で課題も見えてきました。例えばパッケージ、味の改良がされ美味しいのに成分表記など無機質なデザインが多くそうは見えないのです。そこでデザイン性のあるPB商品を展開したところ好評に。療養中シビアな食事制限中でも選ぶ楽しさを提供できた事例です。

人材に対する想い

「地域医療に貢献できる企業になる みんながハピネス」が私たちが実現したい経営理念です。お客様から必要とされる存在であり続けることははもちろんのこと、働く社員にとって人の役に立つことができた。自分を成長することができたなど、三嶋商事に入社して良かったと思える会社づくりを目指しています。そのために面接の前に必ず当社の理念や行動指針であるコアバリューに関して説明させていただき、共感頂けた方だけ面接を実施しています。実際に働いてみて思っていたのと違う…と感じて退職するのはお互いにとって良い事がありません。三嶋商事は医療現場の中にはいないけれど医療の輪の中にいる事を自覚し、なくてはならないものを取り扱い、必要としている方に確かな商品・確かな情報をお届けすることを使命としています。社員全員が同じベクトルを向いているからこそ、経営理念やビジョン達成に向かっていけるのです。

育成への取り組み

社員1人1人が主体性を持って仕事に臨んでもらうために様々な取り組みを行っています。1つは行動指針である10個のコアバリューに基づく取り組み。普段の仕事の中でただ業務をこなすのではなく、どうすればお客様が喜んでいただけるのか…、どうすれば自己成長につなげられるのか…そういう意識を常に持ってもらうために「カルチャーブック」を作成。この本は役職関係なく社員全員が10個のコアバリューに基づいたエピソードを発表し、毎年各項目の優秀者のエピソードを掲載し皆さんに配布しています。また毎月月初の土曜日を「みしまの日」と設け、QOL向上エピソード大会と題し、お客様にやって良かった点の発表会を実施しています。共に優秀者として選ばれた方々に対しては表彰を行い、社員の価値観を共有、行動の称賛につなげています。取り組みを通じてお客様から必要とされる存在であり続けるためかつ、社員全員が成長し続ける会社にしていきます。

かんばん息子のここが好き
2017年中途入社の南條です。前職は寝装品メーカーの営業事務をしていましたが、結婚などをきっかけに転職を決意しこの会社に入社。今は病院などへのルート営業を行っています。未経験で入社した私ですが、多くの知識を先輩やお客様に教わりました。今では知識量と持ち前の明るさを武器にお客様から頼られる機会も増え、自分の成長につながるこの環境が大好きです。現状に満足せず、さらに頼られる営業マンに成長し続けます。

三嶋商事株式会社

本社所在地 大阪府堺市中区深井水池町3178
設立 1982年10月
資本金 1,000万円
事業内容 特殊食品の卸売業を主要事業として、介護食、栄養補給食品、たんぱく調整食品、低カロリー食品、非常用食品の病院・老人福祉施設・在宅への販売業務
業種 商社・卸・小売・流通
URL https://www.mishima-s.com/
pagetop