Vol.364
中日本エクシス株式会社
代表取締役社長 青山 忠司

サービスエリアを“通過点ではなく、目的地に”するために新しいサービスを随時導入!

当社の特徴と今後の事業展開

高速道路のSA・PAを単なる休憩所ではなく、目的地化や地域の交流、文化の発信の場としてコンセプトの設計からテナント選びまでを行っています。カフェやドッグラン、シャワールームなどのサービスをいち早く導入。また、オリジナルのお土産認定ブランド「プレみや」もスタート。隠れた名品を世の中に広める取り組みにも力をいれています。2020年1月には台湾進出も果たし、日本だけでなく世界へ文化を発信していきます。

人材に対する想い

当社が大切にしているのは「チャレンジ精神」です。15年前の民営化に伴い、サービスエリアの在り方が大きく変化している中で、インフラ事業の安心・安全を提供する使命とともに、幅広いお客様に喜んでもらえる新たな価値を常に生み出していきたいと考えています。だからこそ、スタッフ一人ひとりが活躍できるフィールドを用意することも我々の重要なミッションだと考えています。実際に、社員の声からプロ野球チームや有名アイドルグループ、名前の知れたイベントなど、多くの団体・会社とコラボイベントを実現し、反響をいただいています。このように挑戦できるステージはしっかりと用意をしていますので、新しいアイデアを形にできる場で力を発揮したいという方にピッタリの会社だと思います。

育成への取り組み

成功体験に勝る成長はないと考えています。そのため当社では近い目標を設定し、スモールサクセスを積める環境づくりを意識した育成を行っています。自分の手掛けた仕事に成果が出るのが分かるからこそ、次のステップになっています。また最近では「エクシス・アンビシャス」という将来ビジョンにおいて行動指針を作りました。これは経営層だけでなく、現場のスタッフと一緒になって作ったことで、スタッフ一人ひとりの仕事に対する取り組み方が変わり、より一層アイデアや意見が発信できるようになりました。さらに、社内間のコミュニケーションの活性化を目的に、2020年の4月からは一部のオフィスでフリーアドレス化を実施。社内は女性社員の意見からグリーンを多く取り入れたり、仕事のしやすい家具を導入しており、「働きやすい」と高い評価を得ています。

かんばん娘のここが好き
前職のGMSでの販売促進の経験を活かしたいと思い転職を決意しましたが、本当に素敵な会社に出会えたと思っています。何よりもやりたいことをやりたいと言える社風が気に入っています。またそれをサポートしてくれる上司や会社の存在が心強いですね。実際に関わったプロ野球チームとのコラボ企画ではエリア全体をジャックし、ご来場いただいたお客様の喜ぶ顔を見た時は何物にも代えがたい達成感が味わえました。入社3年目・城戸

中日本エクシス株式会社

本社所在地 愛知県名古屋市中区栄2丁目3番1号
設立 2005年12月
資本金 4,500万円
事業内容 サービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)における飲食・物販・不動産賃貸業(SA・PA)をはじめとする各種事業
業種 外食産業
URL https://www.c-exis.co.jp/
pagetop