Vol.415
丸正精工株式会社
代表取締役 今吉 智彦

全社一丸となったモノづくりを通じて、人間力を磨きながらお互いに成長していきます

当社の特徴と今後の事業展開

当社は今年で創業50周年を迎えます。鉄工所からスタートした時から、「鉄」に対して真摯に向き合い、プレス金型を通じて自動車業界の大量生産の根幹に貢献しております。今後は、業界では他にない世界が驚くようなアイデアやモノづくりを通じて、2030年には従業員25名、売上高10億円の達成を目指し、24時間稼働できる600坪の素敵な工場を持つという夢に向かって邁進してまいります。

人材に対する想い

この地球に生まれてきて、この同じ時間を共有する私たちが多くの時間を一緒に過ごす【職場】で幸せになることが大切だと考えています。その為には、職場が安心安全な場所であり、個々の能力が最大限発揮され、生産性が高くなることが幸せの出発点だと考えています。当社にはというミッションバリューがあります。これは、《全ての人が輝く正しい“カタチ”の会社を目指す》というビジョンの元、トヨタウェイから学ぶ、知恵と改善、人間性尊重の基礎の上に成り立つことが大切だという考え方です。当事者意識を持ち、互いを認め合い、謙虚と感謝を持った人になってもらうことを心底本気で全員で実践しています。全ては「モノづくりを通じて成長し、人間力と知恵とスピードで社会に役に立ち続けます」という当社の経営理念を達成するために、必要不可欠な考え方だと自負しています。

育成への取り組み

会社は結局「人」で決まります。私は共に育ち合う会社を目指しています。入社歴や役職などは関係ありません。社長から新入社員さんまで、お互いから学ぶ精神で正面から向き合っています。人が知恵を生み、知恵が事業を生み出します。だからこそ、トップダウンで仕事や意思決定をするのではなく、【全社一丸】となる体制が大切だと考えおり、『そんな丸正精工さんだから仕事を依頼したい』と、お客様から思っていただけるような会社作りを本気で行っています。大きい力一つではなく、小さくても多くの力が備わった組織は非常に強いです。そのような組織を目指すため、お互いが知恵を絞りながら、様々な育成に関する取り組みへのチャレンジをしています。チーム活動から経営指針に基づいた全社活動。若手のブレインストーミングや社内勉強会など、他社には無い取り組みを数多く実践しています。

かんばん息子のここが好き
当社は、大きな会社ではありませんが、その分上司や仲間との関係性が良く、自分の声が良く届く環境だと思います。各現場で起きている、ちょっとした改善したいポイントなどを提言すると、すぐに必要なモノは反映してもらえます。また、4カ月に1回のペースで開催される食事会は美味しい料理を食べながら、仕事のことも、プライベートのことも含めて、親睦を深める場として毎回とても楽しみにしています。

丸正精工株式会社

本社所在地 愛知県名古屋市守山区今尻町1502番
設立 平成5年
資本金 1,400万円
事業内容 プレス用金型設計・製作・保全部品加工・測定リバース
業種 鉄鋼・非鉄金属・金属製品
URL http://maru-syo.jp/
pagetop