Vol.22
安与商事株式会社
代表取締役社長 安田眞一

サービスレベルや料理のクオリティを高め、お客様に満足して頂けるおもてなしを

当社の特徴と今後の事業展開

当社は、京懐石 「柿傳」・郷土料理「くらわんか」・手打そば「大庵」・ 「柿傳ギャラリー」を経営しています。JR新宿駅からすぐの好立地に自社ビルを保有し、その中で店舗を構えているので、家賃不要などの余裕があり、その分お料理のコストパフォーマンスを高くできる利点があります。今後も、店舗を増やす事よりもサービスレベルや料理のクオリティを高める方針を貫いていきたいと思っています。

人材に対する想い

お客様に満足して頂けるおもてなしを実現するには、まず当社で働くスタッフが満足する事が大切であると考えています。月に8日の休みや残業を極力なくすなどスタッフの働きやすさに配慮しています。その結果、一度働き始めると長く続けるスタッフが多い事を嬉しく思っています。また、常に感謝の心やおもてなしの心遣いを大切にして欲しいと願っています。例えば、ビル清掃をしてくださる業者の方や宅配便の配達員の方などに、「いつもありがとうございます」という一言が言えるようになってほしいです。その他、月替わりの献立・メニューを考える際やイベント・フェアを企画する際にも、スタッフに自主的に関わってもらい、飲食業の仕事の面白さややりがいを少しでも実感してもらえるようにと心がけています。

育成への取り組み

当社の人材教育の柱はOJTだと考えています。お客様の満足や感動を創りだしていくには、日々の仕事の積み重ねの中で先輩や上司が指導し、時には背中で見せていく事が重要です。その為には座学の研修ももちろん大切ですし否定するものではないですが、十人十色のお客様相手に「おもてなし」は、実践の中から身につけていくものだと思うのです。それから、各店のスタッフ希望者には「茶道教室」を開催しています。お茶は色々な美に対する感性を磨くにはうってつけだと考えているからです。茶碗・茶器・花器・いけ花・絵など総合芸術といえる世界です。また、おもてなしをする側と受ける側の心を磨くにも効果的だと思います。茶道をきちんと習った人の醸し出す雰囲気には気品があり、立居振舞や所作がとても美しく習っていない人との差は歴然です。

かんばん娘のここが好き
入社11年目京懐石 「柿傳」の社員の杉木と申します。私は茶道に関わる仕事を探していた時にこの職場を紹介して頂きました。未経験で一から教えてもらい1人で担当させてもらった時に、お店の名に恥じないように更なる向上心とやる気が出ました。これからも現場で働くスタッフの声とお客様の声を形にしてサービスやメニュー提案などに反映していきたくさんの経験を積んでいきたいです。

安与商事株式会社

本社所在地 東京都新宿区新宿3-37-11
設立
資本金
事業内容 ビルの賃貸管理・飲食店の運営
業種
URL http://kakiden.com/
pagetop