Vol.387
東和電気工事株式会社
取締役社長 吉永 栄一

社内外問わず、「和」を根幹とする人材育成に取り組んでいます

当社の特徴と今後の事業展開

当社は、1955年に創業し、今年で65年目を迎えます。東海3県を中心として、お客様へ品質の高い 『技術』 の提供をモットーに、電気設備事業を通じた快適で安心な社会づくりに貢献しています。戦闘機の着陸拘束装置や、電気自動車用の充電器の設置実績等も当社の特徴の一つです。今後は、変化する市場に合わせて、「環境」や「蓄電」といった新規事業にも着手し、より快適で安心な社会づくりに努めていきます。

人材に対する想い

社名にもあるように「和」を大切にしています。建設業に限らず、どんな仕事も人がいないと成り立ちません。そして、「和」が無いと信頼や信用は生まれません。現場には様々な会社の方と一緒に仕事をしています。そこで和を保てないと、良いモノは創れません。当社が65年続いてきた理由はここにあると自負しています。また、私が社員に伝えていることは、【人として当たり前であることを崩さない】ということです。『約束を守る・こまめに連絡をする・嘘をつかない』など、当たり前のことを継続することを大切にするよう伝えています。そして、よく社員に言うことは、【悪いことほど、早く報告して欲しい】ということ。誰しも、失敗することはあります。しかし、報告が無く時が経つと、悪いことはフォローできなくなってしまいます。社員は私が守りますので、すぐに報告が欲しいですね。もちろん、良い報告に関しては、いつでも大歓迎ですよ!

育成への取り組み

若手社員のポロっとした一言が大きなヒントに繋がるなと最近特に感じています。当社では、必ず年齢の近い先輩を新人の教育係として任命しています。知識的にはお互いまだまだなこともありますが、教える側も勉強するし、教えられる側も聞きやすいという相乗効果を期待して、このような体制にしています。そんな若手のコミュニケーションを見ていると、新たな魅力を発見する機会にも繋がります。そんな社員が現場で活躍して、お客様から「●●君、すごい頑張ってたよ!」と言ってもらえるのがとてつもなく嬉しい瞬間です。現場の社員が外に出ていると、総務や営業と接点を持つ機会が少なくなりますので、このようなお声をいただいた際には、私から全社員へメールで共有するようにしています。他にも、安全対策に関する表彰を受けたり、社内での良い取り組みなどについては、積極的に共有して、更なるレベルアップに繋がればと期待しています。

かんばん息子のここが好き
入社3年目です。会社説明会時、社長直々に説明して頂き雰囲気と熱意に惚れ入社を決めました。現場で工事の施工管理を経験して、現在は「営業」として第一印象で好印象を持たれるよう、身なり、言葉使いに心がけています。当社は大きな商談でも新人が積極的に経験が出来、たとえミスをしても先輩・上司がカバーしてくれるようなチームワークが大変良い会社だと思います。これからもミスを恐れず積極的に仕事をしていきたいです。

東和電気工事株式会社

本社所在地 名古屋市中村区千成通1丁目22番地
設立 1959年(昭和34年)1月7日
資本金 4,500万円
事業内容 電気工事
電気通信工事
消防施設工事
設計・施工
電気機器の販売・修理
業種 建築・土木・プラント・設備
URL http://www.towa-d.net/index.html
pagetop