Vol.122
株式会社 榮太樓總本鋪
代表取締役社長 細田眞

日本橋と共に150年。歩みを止めない和菓子を愛する老舗企業!

150年の歴史と新たな挑戦

榮太樓は日本橋と共に150年余り続く和菓子屋です。金鍔や大福などの≪生菓子≫、梅ぼ志飴や様々にラインナップを展開している≪飴≫、他にも焼き菓子や煎餅、あんみつなど数多くの菓子をご用意しております。日本には世界中の菓子が集っていますが和菓子は職人により形を変え、四季を表現することもできます。これは他の菓子にない特徴です。今後は本来の日本の菓子、《和菓子》を世界中に発信していきたいと考えております。

皆さん…「お菓子を愛してください」

榮太樓では企画・開発・製造から物流、販売まで一連の流れを全て自社で行っています。一般にお客様に見えている部分はほんの一面で、見えないところでは様々な従業員が動いています。職人や営業、開発、販売など一口に「榮太樓で働く」と言ってもその業務は幅広いです。部署も多く、職種という意味では多岐に渡ります。ひとつひとつの仕事内容は違いますが、従業員一人一人に求めている気持ちは同じです。それは「お菓子を愛してください」ということです。やはり自分たちが作る、扱う、売る商品に愛を持つ気持ちは欠かせません。愛しているからこそ自分の受け持っている業務に精一杯取り組むことができます。「愛を持って働く」これは今日入った新入社員でも40年目の大ベテランでもできることだと思っております。

育成への取り組み ~【温故知新】の下に~

【温故知新:故 ふるきを 温 たずね 新 あたらしきを 知 しる】榮太樓ではこの温故知新を大切にしております。入社した新人はまず、基本に忠実に、先輩社員の背中を見て、見よう見真似で成長していきます。ですので後輩に会社の良さを伝え、しっかりとした姿を見せる、これは先輩社員の重要な役割です。こういった環境は新人の成長だけではなく先輩社員にとっても自身の成長に繋がる大切な要素であると私は考えております。また、社内研修も数多くありますが基本的にはOJTで行っています。現場で学ぶことはその仕事の本質を最も知ることができるからです。販売員であれば、お客様の顔を見て自らが提供している価値を肌で感じ、やりがいを感じることができますし、製造であれば熟練の技を間近で見て学ぶことで、技の奥深さを習得できます。そうして、本来の榮太樓を知るからこそ150年続く、商品・サービスを生み出し続けていけるのだと思います。

かんばん娘のここが好き
榮太樓本店で働いています、山田です。榮太樓で働く従業員は皆、本当によくコミュニケーションをとります。納涼祭や新年会など社内の様々な人と接する機会も多く、部署や年齢、性別に関係なく話すことができるのは榮太樓の魅力です。何か悩んでいて販売部の者が営業部の者に相談する…なんてことも!私も入社した頃は苦手なこともありましたが先輩や仲間と沢山会話をしながら乗り越えてきました。私はそんな榮太樓が大好きです!

株式会社 榮太樓總本鋪

本社所在地 東京都中央区日本橋1-2-5 栄太楼ビル7F
設立 2011年(創業1857年)
資本金 2,500万
事業内容 和菓子製造販売
業種 メーカー
URL http://www.eitaro.com/
pagetop