Vol.393
株式会社ユニケミー
代表取締役 濱地 清市

理化学分析業の発展を通して、日本のものづくりの発展に貢献します

当社の特徴と今後の事業展開

当社は1972年に理化学試験の専門会社として設立されました。創業当時、産業公害が社会問題となっており、環境に関して理化学分析の分野で事業を展開しました。当社はものづくりが盛んな愛知県が拠点のため、現在は研究開発や品質管理などに関わる理化学分析で製造業を中心とした企業様を支援しています。今後は、ユニークでユニバーサルなケミカルカンパニーとしてものづくり企業の経営支援と業界の発展を目指していきます。

人材に対する想い

【コマタスクイ】これはお客様や社会が抱えている問題・課題を解決することです。私自身、技術者として日本初のあるプロジェクトに参加した事があります。プロジェクトは終了間際までトラブルの連続で、今となっては再度参加したいかと問われても「YES」とは言えないくらい大変なプロジェクトでした。しかし、プロジェクト終了後のお客様からの「ありがとう」という一言が今でも忘れられないくらい嬉しいものでした。私はこの感覚を、社員にも味わってもらいたいと考えています。このために一番大切なのは、お客様の目線に立ちお客様が求めていることを考え自分ができることを実行していく事だと思っています。そうした行動の先に、お客様との信頼が生まれ将来的な自社の発展や業界の発展につながると思っています。

育成への取り組み

当社は、お客様のラボ見学を積極的に受け入れています。これは、分析の現場を見たいというお客様の為でもありますが、「全員接客」という方針を掲げて、通常お客様と接する機会が少ない社員でも、お客様とのコミュニケーションの機会が生まれます。これにより、自分達がどんな部分でお客様の役に立っているのかを実感できたという声も多く上がりました。また、当社は社員から多くの「声」が上がってきます。例えば、「お客様から〇〇という相談があるからその案件をこなすために分析装置を買ってくれないか?」と声が上がった時、ほとんどの場合新たに分析装置を導入します。それは、お客様への投資が結果的には、自社の発展と業界の発展につながると考えているからです。また社員から出た声は、どんどん形にしていく事で責任感や自発的な行動が生まれ社員の成長に繋がると考えています。

かんばん息子のここが好き
前職では、製造現場における品質管理業務の一環として分析を行っていました。もっと高度な分析に携わりたいと思いユニケミーに転職を決意しました。技術に7年間在籍し、そこで得た知識や経験を基に営業として仕事をしています。今は分析現場からは離れていますが、お客様と技術を繋ぐ立場として感謝の言葉を頂く機会も増え、かつてとはまた違うやりがいを感じています。

株式会社ユニケミー

本社所在地 愛知県名古屋市熱田区伝馬1-11-1
設立 1972年2月(昭和47年2月)
資本金 4,000万円
事業内容 理化学技術に関する調査、研究、試験、測定、分析及び情報の提供
業種 繊維・化学・食品・医薬品
URL https://unichemy.co.jp/
pagetop