Vol.165
株式会社創夢
代表取締役社長 田口淳一

「最先端の技術で日本を陰から支えています。」

当社の特徴と今後の事業展開

「その時一番、面白く興味深いと思えることが、今ここで行われている」そんな会社にしたい。学生時代に起業してから今までずっと変わらない考えで30余年。業界では「創夢にできなければどの会社にもできない」という評価をいただけるようになりました。当社の武器は「先見性」と「技術力」。UNIX環境での開発・研究支援は今やAIや災害対策などにも舞台を広げています。今後も技術で社会に貢献していきます。

人材に対する想い

一番大切なこと、それは「コンピューターが好きである」という気持ちです。当社の仕事は前例のないことに取り組むことが多く、技術への探求心が求められます。仕事で行き詰った時、ネットで検索しても、書店に行っても答えは見つかりません。先輩や同僚に相談しながらも自分で答えを作っていく必要があります。そうして作った答えが、後の技術者たちの手本になるのです。好きでなければ続きません。逆に知らないことを知る喜びに気づける人であれば、当社で活躍できると思います。職人気質な人のほうが合っているでしょうね。コンピューターをいじっていればご飯を食べることも忘れてしまうような人です。年に4回、「技術報告会」というものを開催しています。社員がお互いに興味のある技術トピックについて発表する場で、気質の合う者同士、刺激し合っています。当社はとことん技術志向の会社。ここでなら技術への探求心を十分に満たしていただけるはずです。

育成への取り組み

当社では入社してから1週間、社長の私とマンツーマンで研修をします。ただし、研修といってもやることは単純で、創夢の理念を伝え、今後どうなりたいかを聞くだけです。そうすることで、抑え込まれていたその人本来の持ち味が出てくるようになります。思い込みによって生じている制限が外れるのです。当社では、自分よりもスキルの高い研究者や技術者と仕事をすることも少なくありません。なので、そんな人と物怖じせず対等に話をして仕事をすることが、当然と思えるようでなければなりません。また、新しい仕事が入ると同時に、知らないことも増えていきます。あるレベルまで到達すると、自分で切り開いていくしかなくなります。制限が外れることで、思う存分、技術を吸収できるようになるのです。

かんばん息子のここが好き
入社13年目の荒川です。現在の仕事は組み込み系の開発や研究所の支援など。これまで様々な案件に関わりましたが、先端分野でノウハウがないことが多くありました。試行錯誤しながら道を切り拓く力がつき、自信になっています。当社の好きなところは社風ですかね。仕事の成果は求められますが、とにかく自由です。周りを見れば飲み会で寝てる人や社内で本を読んでいる人も。技術者としてこれ以上働きやすい環境はありません。

株式会社創夢

本社所在地 東京都渋谷区幡ヶ谷1-34-14 宝ビル9F
設立 1984年12月
資本金 80,000,000円
事業内容 ソフトウエアの受託開発およびコンサルティング/計算機環境構築運用
業種 ソフトウエア・情報処理系
URL http://www.soum.co.jp/
pagetop