Vol.316
株式会社Schoo
代表取締役社長 森 健志郎

学びには『いまの当たり前』を変えるパワーがあり、世の中をより良く変えていきます

当社の特徴と今後の事業展開

大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ「Schoo」を運営しています。学びによって自分を成長させられるコンテンツと、生放送ならではのコミュニティの場を創出しています。働き方やビジネススキルといったコンテンツが人気が高く、お金や健康といったジャンルにも挑戦し個人・法人向け両方にサービスを提供しています。『学び』によって考え方を変え、視野が広がれば人類を変えていくことができると信じています。

人材に対する想いと人づくりにおいて

ホームランの打ち損じがヒットです。無難なヒットの延長線にホームランはありません。つまり、世の中や産業を大きく変えていくアイデアや施策もこの前提と同じで、ホームラン狙いで挑戦していこうと伝えています。その結果が三振であっても良いじゃないかと挑戦することを大切にしています。『圧倒的なOnly-one』になるため、自らが研究者として思う存分挑戦して、取り組んでほしいです。自分の中にモチベーションのエンジンを持ち、取り組みたいテーマに熱量を持ち、周囲を巻き込んでいける部分は全員共通しています。そして『世の中から卒業をなくす』というミッションに共感して、自分ならミッションにこういう風に携わっていきたいという思いを軸にスクーを選んでいる人が集まっています。外部環境を言い訳にせず、自分ならサービスや会社をどう作っていくかという「自分株式会社」である気持ちを全員が持って挑み続けているのがSchooです。

Schooの育成方針について

育成とは、強制的なものと自発的なものの2種類があり、我々のサービスを通じて作りたい世の中も、自社の考え方としても後者であるよう取り組んでいます。3年前からマネージャーではなく、ユニットリーダー制に変更しました。管理する人ではなく、『あってほしい像を自ら示す人』であろうと決めたからです。メンバーに役員やユニットリーダー自身が学んでいるという姿勢を見せることが、雰囲気となり、文化となり自発的行動に繋がっています。そこに時間や金銭的制約がなくなるようリモート制度やSchooサービスの無料利用や書籍補助を行っています。その結果、Slack内でニュースについて議論をしたり他のメンバーの成果について褒め合ったりなど、学び合い・尊重し合いが自然と行われています。

かんばん娘のここが好き
受講生代表という、先生と共に生放送に出演して授業を進行したり受講生の学びを深める仕事をしています。入社して3年目になりますが社内のみんながサービスを本当に好きなこと、スクーを通して誰かの人生をより良く変えられることを真剣に考えているところに入社当時から今も変わらずに魅力を感じています。今後はもっとユーザーさん(受講生)のコメントを引き出してスクーでしか学べない体験を多くの方にしていただきたいです!

株式会社Schoo

本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル5階
設立 2011年10月
資本金 5億1300万円(資本準備金含む)
事業内容 大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ「Schoo(スクー)」の運営
業種 通信サービス
URL https://schoo.jp/
pagetop