Vol.130
gCストーリー株式会社
代表取締役社長 西坂 勇人

「きれいごとを しようじゃないか」 世のため人のため。それが私達の行動規範です。

当社の特徴と今後の事業展開

当社では「この社会問題の解決に取り組みたい」という「社員の志」と、会社の持つ「コアコンピタンス」が融合した時に、新事業が生まれます。現在はサイベイト事業(施工事業)、Web事業、エネルギー関連事業、高齢者福祉事業などに積極的に取り組んでいます。これからも私達がさらに成長していくことで、人と社会に貢献できる分野を拡げ続けていけると考えています。

人材に対する想い

当然のことながら、当社の従業員には幸福になって欲しいと日頃から強く願っています。幸福は、物質的な豊かさだけでは手に入れることはできません。自分が人や社会に対して貢献できていることを実感でき、感謝され、必要とされていることを実感できた時に、はじめてその人にとっての『幸せ』になるのだと思います。当社の社名の“gC”は“growth for Contribution”(貢献のための成長)の頭文字。仕事を通じて人や社会に貢献をする、そして自分がさらに成長することで貢献できる範囲を広げていくことができる。この考え方こそ、当社が従業員に求めていることです。全従業員がこの考え方を体現することで、当社はますます世の中から必要とされる会社になっていきます。当社が採用する人材に求めることは、上記の考え方に共感し、真剣に仕事に取り組む姿勢です。ビジネスの知識やスキルは問いません。志を共にできる仲間を求めます。

育成への取り組み

当社の人材育成をささえる重要なツールが2つあります。1つ目は「パーソナルミッション」というものです。「何のために働くのか?」という志を個々人で掘り下げ、自分を見つめた上で言葉にします。2つ目は「gCガイド」というもので、当社の社員としての判断基準や行動指針が示してある冊子です。判断に迷うときや新たなハードルに直面した時の拠り所になるものです。また育成を加速させる仕組みや制度が複数あり、そのうち3つを紹介します。まずは「360°評価」。上司・先輩・同僚からの評価を参考にさらなる成長のための方向性や具体策を考えるキッカケにします。次に「MBO制度」。gCガイドと紐付けて、仕事における目標を明確に設定し、その進捗や成果を見える化する事で、成長を促進します。最後に「Vision me」。前述したパーソナルミッションを具現化するために、仕事面で何を実行していくべきかの意味づけを行います。

かんばん娘のここが好き
プロジェクト部の岡野と申します。この会社の好きなところ?たくさんあり過ぎて…(笑)。組織がフラットで上長にも気軽に相談でき、なんでも言い合える職場の風土が大好きです!「大家族主義」と呼んでいますが、社員はみな家族であり社員の家族もまた家族という感覚が浸透しています。部署を超えた飲み会はもちろんのこと、互いの家に遊びに行くことも珍しくありません。ほんとうに社員同士が仲の良い会社なんです!

gCストーリー株式会社

本社所在地 〒135-0047 東京都江東区富岡2-11-6 長谷萬ビル 4F
設立 2005年6月
資本金 1億3,900万円
事業内容 施工事業、介護事業
業種 放送・広告・出版・印刷
URL http://gc-story.com/recruit/
pagetop