Vol.170
CyberZ
代表取締役社長 山内 隆裕

スマホ市場に変革を起こし続け、世界経済を元気にする

当社の特徴と今後の事業展開

当社はサイバーエージェントグループで、スマートフォンに特化した事業を展開している会社です。広告代理事業では、国内で初めてスマートフォンアプリ向け広告効果計測「F.O.X」を提供し、クライアントのプロモーション支援を行っています。メディア事業ではゲームのプレイ動画の共有サービスを提供しています。スマホ市場における新たな価値の創造を目指し、沢山の方に支持していただけるような企業を目指して行きます。

人材に対する想い

スマートフォン広告市場は、急拡大しているばかりでなく、いろいろな変化がすごいスピードで起きています。このマーケット環境においては、トップダウン型でなく、現場が主体となって動かしていく事業運営が必要となります。したがって、社員に対して求めているのは、柔軟性と能動性です。事業環境の変化に合わせて柔軟に物事を考え、新しいテクノロジーにも柔軟に適応する能力と、指示を待つだけでなく、自ら考えたことを積極的に行動に移してほしいと思っています。人材を採用する際には、専門的な知識やスキルよりも、もっとコアな部分である人間性を見ています。「素直であること」「チャレンジ精神があること」を重要視しています。失敗を恐れずに新しいことに挑戦する意欲と、行動力を持っていなければベンチャー企業では大成しないと考えています。

育成への取り組み

美味しいワインを生産する地域には、ワイン作りに適した気候や土壌などの環境がそろっています。これは、人材育成の面でも同じで、人が育つ環境作りが重要となります。その環境とは、企業の組織文化や風土に他なりません。したがって当社が人材育成で最も大事にしているのは、人が育ちやすい文化や風土を作り、それを一人一人に浸透させていくことです。その風土を創り上げるにはいくつかのポイントがあります。まずは、社員に責任の大きな仕事をどんどん任せること。2つ目は伸びている市場で事業を営み、業界No,1を勝ち取ること。3つ目は、挑戦することに貪欲で失敗を恐れないカルチャーを作ることです。人は失敗から学び、再チャレンジすることで成長するものだと思っています。こうした環境を作ることは短時間でできることではなく、日々それを意識しながら行動することで、文化や風土に昇華していくものだと考えています。

かんばん息子のここが好き
2014年入社の、アジア事業責任者の文です。中途で入社をしたのですが、人を温かく迎え入れてくれる環境と、隣の席の人の成長は、自分の責任という人を大事にするという文化があります。やる気があれば任せてもらえるようなフィールドも与えてくれますし、成長できる職場だと思っています。また、業界もとてもスピードが速く、一年後にはどうなっているのか分からないという刺激的な環境で、日々邁進しています。

CyberZ

本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-12-1
設立 2009年4月1日
資本金 4,000万円
事業内容 スマートフォンに特化した広告マーケティング事業
業種 その他
URL https://cyber-z.co.jp/
pagetop