Vol.56
NPO法人発達わんぱく会
理事長 小田知宏

全ての子どもの「こころ」を育てる専門集団として多くの子どものこころと言葉を育てる

当社の特徴と今後の事業展開

発達わんぱく会は、1歳半から小学校入学までの発達障がい又はその疑いのある子を対象とし、一人ひとりの発達段階や状況に合わせ、オーダーメイドのマンツーマン療育を行っています。1人1人の子どもの長所を伸ばし、生きる力を育みながら、ご家族の支援も行っています。保育所への訪問支援も行い、子供が安心して集団生活を送れるように支援しています。今後は、発達障がいの事を知ってもらう取り組みをしていきたいです。

人材に対する想い

発達わんぱく会には,音楽療法士・作業療法士・保育士等11種類の様々な資格を保有している45名のスタッフが在籍しています。教室毎に1日に5人程度でチームを組み、自分が持っている知識を活かしながら、1人の子どもに対して協働で仕事をするのが特徴です。ただ、当社では専門知識も大切ですが保護者から信頼してもらえるかどうかという事を一番大切にしています。人の話をよく聞き、相談にのったりご家庭や子供の状況や環境をしっかりと理解しようとする姿勢のある方が活躍しています。また、今年から新卒も採用しています。実務経験がなくても、一人ひとりの子どもと素直に向き合い、1つの物事に対して真摯に取り組んでいける人やチームで協力して働ける人を求めています。子どもの成長と自己のスキルアップを喜びと感じ、効果の上がる療育を作り上げる意欲を持った人と一緒に働きたいと考えています。

育成への取り組み

育成への取り組みとして4つ行っています。1つは時間確保です。療育プログラム作成の時間確保やフォロー体制を整えています。1人の子供の療育後に、1時間15分の時間をとり、その中で、次回のプログラム作成や他のスタッフから意見やアドバイスをもらう時間を確保しています。2つ目は情報共有です。データ管理をクラウドで一元化し、子どもの情報について共有しています。また、挨拶等を通じて1人ひとりの子供に教室スタッフ全員が帰るまでに必ず接するようにしています。子どもを1人のスタッフしか見ていないという事がないので意見交換も活発です。3つ目は専門知識の向上です。専門の知識を持ったスペシャリストが月に1度来るので、スタッフが悩みや症例等について相談する事が出来ます。4つ目は働きやすい環境づくりです。スタッフのケアの一環として、相談窓口を教室毎に設置し毎年担当者を選任してます。

かんばん娘のここが好き
入社3年目の鈴木です。当社の魅力の1つは小田さんが職員1人1人のワークライフバランスに考慮して下さり、スタッフ一人ひとりが希望するシフト通りに無理なく働ける事です。また、勤務時間中に専門の知識を持ったスペシャリストが月に1度教室に来て下さり、その中で療育の課題設定やスキルアップの為のアドバイスをして頂ける事もメリットの1つです。仕事をしながら専門知識の向上にも繋がり、現場の療育にも役立っています。

NPO法人発達わんぱく会

本社所在地 浦安市東野1-4-16 1階
設立 2010年12月9日
資本金 -
事業内容 発達障害の早期発見事業・早期療育事業
業種 医療・福祉・教育
URL http://www.wanpaku.org/
pagetop