Vol.20
認定NPO法人フローレンス
働き方革命事業部 マネージャー 斉藤幸子

親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決するイノベーター集団!

新しいあたりまえを、すべての親子に

「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」というミッションを掲げ、時代と共に変化する社会問題を解決する為の事業を展開しています。事業自体は問題解決の為のツールで、私たちが新しいモデルを創り法制化が進むことで全ての親子にとってより住みやすい世の中になることを目指します。小規模保育も先駆けて始め、法制化されたことで全国に広まりました。“解”を生み出すことで現状を行政に伝える。これが私たちの使命です。

ビジョンの実現をともに目指す仲間

採用では「ビジョンに共感しているかどうか」を重視しています。私たちのビジョンは“みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会”を実現していこうというものです。入社を希望頂く方には、社会の在り方に対する疑問や、子どもの未来に対する不安を持っている方が多いのですが、一歩踏み込み「あたりまえを疑い、新しいあたりまえを作っていこう」という姿勢があるかどうかを見ます。入社初日には代表自らビジョン研修を実施し、また事業部ごとの会議では半年に一度メンバー全員でビジョンの再確認を行います。私たちの仕事では前例のないことが多くありますが、困難な場面やうまくいかない場面でビジョンに立ち返ることが出来る人は、踏ん張り、乗り越えることができると、経験上知っているからです。チームで働くことも大切にしていて、その点でも「同じ方向(ビジョン)を向いている」ことは大切です。

チームフローレンスでいこう!

面接では、過去の経験についてお話を聞くことが多いです。それは、その人が今までにどんな困難なことに遭遇して、どのようにして乗り越えてきたのか、その際に周りの人も巻き込みチームワークを持って動くことが出来るのかなどを知るためです。もちろん、私たちのビジョンについての考えやその人自身の考えなど、気持ちの部分をとても丁寧に聞かせてもらいます。私たちの事業はこれからの広がりが大きく、強い組織を作りあげていくことが必要です。ですから、自分の信じた道をいかなるときも突き進むことが出来るのかがとても大切です。反対に、強い気持ちを持って仕事に向かえる人であれば、時短勤務でも問題ないと考えています。勤務時間の長さよりも成果で評価するため、実際に現在も子育てをしながら働いている社員でも組織の核の部分に携わっている者も多くいます。

私が入社を決めたワケ
以前の職場では、早朝から深夜までの厳しい環境で働き、能力面で成長を実感できる反面、何のために働くのか、という想いも強くなりました。そんな中、子どもが生まれ、自身が待機児童問題に直面したことでフローレンスに興味を持ちはじめ転職を決意しました。共働きですので、就業後は私が保育園に迎えに行き、日常的な育児、家事を担当しています。このような働き方が選択でき、応援してくれる風土がフローレンスの魅力です。

認定NPO法人フローレンス

本社所在地 東京都千代田区飯田橋3-3-7 秋穂セントラルビル2F
設立 2004年4月
資本金 -
事業内容 訪問型病児保育、小規模保育、障害児保育、赤ちゃん縁組、働き方革命、ひとり親家庭支援
業種 教育・医療・福祉・研究機関
URL http://florence.or.jp/
pagetop