Vol.18
TAKAMI BRIDAL
マネジメントDiv.取締役執行役員 五木田 紀子

”人と社会を幸せにする企業”として、「ありがとう」を集めるブライダル企業

当社の特徴と今後の事業展開

1923年和装の卸売りから始まり、時代の変化とともに、結婚式や様々なパーティのトータルプロデュースを行う総合ブライダル企業へと発展しています。「最高に美しく、幸せな花嫁様を、最高のサービスと高品質の衣裳で祝福してあげたい」。この想いを大切にしながら、今後は創業100周年に向け更なる飛躍をするべく国内ウエディングにまつわる事業だけでない、新しい挑戦をし続けていきます。

採用したい人物像

当社の経営理念に「TAKAMI BRIDALは“人と社会を幸せにする企業”として、たくさんの“ありがとう”を集め大切な想いや伝統を最高のカタチにすると共に、ブライダルの文化を創造しつづけていきます。」という一節があります。結婚式とはおふたりにとって一生に一度のとても大事な一日であり、その最高の一日をおふたりと一緒につくり上げたいという気持ちが全クルー共通の想いで、知識やノウハウはもちろんのこと、それ以上に欠かせないものは人間性です。お客様の最高の一日のために何事にも積極的に取り組み、自ら行動できる方を求めています。私たちは「クルーが輝いてこそお客様を幸せにできる」と考えているため、すべてのクルーが幸せにモチベーション高く働ける環境づくりに力をいれています。

選考で見ていること

TAKAMI BRIDALでは、WEBエントリーシート提出→グループ面接・グループディスカッション→筆記試験・適性検査→個人面接→内定という選考フローをとっています。仕事内容を実際に体感して欲しいという思いから、実際に結婚式が行われている教会で説明会を行うこともあります。また、当社の選考で、他社とは違う大きな特徴があります。WEBエントリーシートを提出していただいた全員の方と面接を行う、人物重視の選考を行っています。これは、 書面だけでは伝わらないことが沢山あると思うからです。エントリーシートだけで表現しようとせず、思いを自分の言葉で直接私たちに伝えてほしいと思っています。 「経験」だけを語るのではなく、自分に自信を持って、「ありのままの自分」をぶつけられる方を採用したいと考えております。

私が入社を決めたワケ
ブライダルプランナーの本山拓実です。就活生の時にお客様の人生に携わることが出来るブライダル業界に興味を持ちました。他にもいくつか内定はいただいていたのですが、強いチームワークを感じられるTAKAMI BRIDALに魅力を感じて入社を決めました。お客様により良い提案をするためにサロン内で常にコミュニケーションをとっていたり、「こういう人になりたい」と思える先輩が沢山いる、人が自慢の会社です。

TAKAMI BRIDAL

本社所在地 〒600-8119 京都市下京区富小路通五条下ル本塩竈町557番地の2
設立 1952年(昭和27年)1月7日
資本金 9,600万円
事業内容 冠婚葬祭
業種 その他
URL http://recruit.takami-bridal.com/
pagetop