Vol.359
信和建設株式会社
代表取締役社長 丸尾 順治

すべての人々が幸せになれる街づくりを目指し、永久に進化し続けます。

当社の特徴と今後の事業展開

当社は創業明治25年。「人のよろこびを自分のよろこびとする」という企業理念のもと、建物づくりを通じて地域の活性化に取り組んできました。建物の在り方も温泉付きマンションや保育所付きマンションとグループホームが隣接した複合施設など、世代を超えてつながるコミュニティづくりを実現するものとなっています。常に関わる人すべてが幸せになれることを考え、社員全員でこれからも挑戦し続けていきます。

人材に対する想い

「どんなことがあっても前向きに考えようや」と社長の私は常々社員に言っております。私はこの会社に入社する前は料理人として働いており、そこからの出会いやきっかけを通じて今があります。ポジティブ思考な人間とネガティブ思考な人間では、同じ出来事があっても捉え方によって人生は変わると思っております。日々の生活の中で出会いやチャンスはみな平等にあり、そのチャンスをものにするのかどうかは自分の気持ちや姿勢次第です。困難な壁に直面する場面でも、それをどう乗り越えてやろうかと思えるぐらいのポジティブな思考で仕事をしてほしいと考えており、その想いを持った社員は当社にはたくさん在籍しております。今後も全社員がこの想いを持って前向きに取り組んでまいります。

育成への取り組み

年次に関係なく組織が一丸となって取り組む体制を作るために様々な取り組みを行っています。まず行ったのが「メンター制度」の導入。この制度は同部署の先輩後輩ではなく、「入社3年目までの社員」と「他部署の20代後半の中堅社員」がペアになり、仕事のことやプライベートのことなど色々と相談できる機会を設けています。この取り組みにより普段なかなか接する機会がない他部署の交流を促すことで、縦と横だけではなく斜めのつながりも強くしています。メンター制度以外にも泊まり込みで次期経営者研修を実施。役職者だけに限らず若手社員も参加できる研修となっており、5ヶ年計画を自分たちで考える内容です。現状を把握し分析することはもちろん外的要因など様々なことを想定し、意見を出し合いながら各チームでまとめて発表をしています。キャリアや年次関係なく全員が同じベクトルを向いて、組織全体の活性化を促していきます。

かんばん息子のここが好き
新卒入社6年目の藁科です。5年目で所長という役職に就いています。信和建設で働く父親の姿や周りで働いている方々の親しみやすさに、いつか自分も信和建設で働きたいと強く思ったのが入社のきっかけです。若手でも挑戦をさせてくれる風土や評価してくれる環境が気に入っています。現場は毎日が変化であり、そんな変化のある環境を「前向きな姿勢」で「楽しめる人」には最高の職場だと思います。

信和建設株式会社

本社所在地 〒542-0081 大阪市中央区南船場1丁目18番11号 SRビル長堀
設立 昭和34年(1959年)
資本金 7,000万円
事業内容 1.土木、建築工事請負業
2.土木、建築工事の計画及び設計監理の請負業
3.宅地建物の取引業
4.不動産管理業務
5.駐車場の経営
6.貸し会議室の運営
7.温泉浴場施設及び飲食店の経営
業種 建築・土木・プラント・設備
URL https://www.shinwakensetsu.com/
pagetop