Vol.453
株式会社なでしこの湯
代表取締役 清水 武

目指すは「温泉エンタメ城下町」!温泉とアイデアで人と街を元気にします。

当社の特徴と今後の事業展開

当社は温泉事業を核とし、神戸を中心に温泉宿泊施設の経営や地域活性化に対する取り組みを行っています。常にお客様目線に立ち、喜んでもらえるサービスを次々と展開。その想いや行動が評価され、関西温泉ランキング1位(全国では8位)に選ばれました。今後は「湯楽街旅」をテーマに温泉、売店、料飲、宿泊と館内回遊性を高め「温泉エンタメ城下町」を築き、ストーリー性ある事業にして地域活性化とのリンクも目指します。

人材に対する想い

私は繁盛するお店は売上重視ではなく、顧客ファーストだと考えています。すぐに売上につながらなくとも、お客様に喜んでもらえる姿勢を貫くことで、たくさんの売り上げにつながった経験を私は今までしてきました。手間隙がかかったとしても1つ2つの工夫やアイデアがお客様に感動を与え、ファンになっていただく。当社の経営理念に「面白きこともなき世を面白く」と掲げているように、お客様に喜んでいただけるサービスや価値を常に考えて実行することが大事だとスタッフに伝えています。またこの姿勢をただ伝えるだけではなく、私自身が率先して現場に立ち実行しています。スタッフの中には私のやり方を真似する方々もいます。形から入るのも大歓迎!実際に行動するということが大事で、行動しているスタッフにはしっかり評価もしています。今後もこの姿勢を忘れずに、お客様に喜んでもらえるサービスを提供し続けたいと考えています。

育成への取り組み

育成に関して心掛けていることは、常にスタッフとのコミュニケ―ションを欠かさないことです。特に情報の共有は大事だと思っています。考えや行動が属人的にならないように毎日、挨拶笑顔、掃除、朝礼を通じてスタッフ同士のコミュニケーションの場を創出。年次関係なく意見を交わすことで様々なアイデアが生まれるきっかけとなっています。また今後の展望に関しても私自身の創業の想いと志の下、方針と数値の計画、そして決定と実行の責任を明らかにして商品・サービスがハッキリとした形になりつつあります。他にも挨拶笑顔、掃除、報連相、期日など社会人として当たり前である基本的な内容を10項目決め、職場での実践とチェック、改善のサイクルを通じて良い習慣としその結果、周りから感謝され自分自身も成長を実感できる、気持ちの良い、かけがえのない職場を目指しております。コロナ禍でもスタッフ一丸となって人と街をこれからも元気にしていきます。

かんばん娘のここが好き
今の職場は小さい時に家族で訪れた場所でした。元々温泉が好きで、かつ面接での社長の対応に感動し入社することを決意。今は総務としての裏方から接客など幅広く携わっています。コロナなどの大変な時期でもスタッフ全員が、いかにお客様に喜んでもらえるかを常に考えて行動する。またお互いを助け合う、この環境が大好きです。今後は自身のスキルをさらに磨き、よりお客様に喜んでもらえるサービスを提供していきたいです。

株式会社なでしこの湯

本社所在地 兵庫県神戸市西区伊川谷町前開270-1
設立 2010年8月26日
資本金 グループ 3,000万円
事業内容 温泉エンタメ城下町事業、日帰り温泉事業、宿泊事業、料飲事業、売店事業、経営サポート事業
業種 旅行・ホテル・レジャー
URL https://humour.co.jp/
pagetop