Vol.255
株式会社魚壱
代表取締役 泉水雄喜

ニッチな牡蠣業界に新たな“あたりまえ”を!

当社の特徴と今後の事業展開

当社は牡蠣の流通において、生産者と飲食店を直接繋ぐ事業を行っております。通常であれば、両者の間には市場や仲卸業者が介在していますが、その省略によって生産者からはより高値で買い付け、飲食店にはより安価で提供することが出来ます。生牡蠣というニッチで、リスクのある商材を扱う市場規模はまだまだ大きくありません。生牡蠣と言えば「魚壱」。そんな時代が来るよう、トップシェアを狙って参ります。

人材に対する想い

人の気持ちを動かすのは、上に立つ人間がどれだけ頑張っているかだと考えています。ですから、私を含む役員も現場に立ち、必ず同じ目線で仕事をやってみるようにしています。それでこそ、実際に現場に立つ人間のフォローが出来るからです。また、様々なことに対してチャレンジして欲しいと思っています。本人が失敗をどのように捉え、そこから何を学べるかを考えて改善することが成長に繋がるからです。常に最良だと思うこと、今までやっていないことに挑戦していきましょう。これらは全てお客様の為であり、常にお客様目線で行動するということを重要視しています。我々にとってのお客様とは、生産者・飲食店の両方を指します。ただの牡蠣の流通における仲介業者ではなく、両者から信頼され、価格だけではなく、うちに売ること・うちから買うことによるメリットを提供する。従業員にはそんなスタンスで仕事に向き合って欲しいです。

育成への取り組み

全ての業務内容において、標準化やシステム化という点を重視しています。1人にしかできない仕事というのは作りたくないと考えており、ある業務をこなしているポジションの人が抜けた時に、他の人がその業務を補完できるような組織作りが出来れば、各々がしっかり休みを取りながら働くことが可能になります。また、採用はとても難しいですから、従業員の定着を大切にしてます。年一回の社員旅行や毎月の従業員の誕生日会などを通して、仕事以外でも顔を合わせる機会をつくり、交流を深めています。こういった取り組みによって、近い距離で従業員と関わることができ、業務においても努力しているかどうかはすぐに分かります。当社の従業員に頑張っていない人はいません。ですから、人事評価は減点方式ではなく、加点方式で行っています。頑張っている人にはそれだけの評価として返しています。

かんばん息子のここが好き
私は大学で海洋系を専攻していたということもあり、漁師の方の想いを消費者に伝えられるような仕事が出来たら、そんな想いで直接その両者を繋ぐ当社への入社を決めました。現在は、牡蠣を飲食店に配送するための梱包を行う現場での責任者をしています。まだまだ小さな会社ですのでフラットで和気藹々としたこの会社はとても居心地が良いです。これからも現場の生産者の声にしっかり耳を傾け、消費者に安全を届けていきたいです。

株式会社魚壱

本社所在地 東京都中央区入船3-10-7有楽堂ビル7F
設立 2014年7月
資本金 800万円
事業内容 各生産地から調達した生鮮・海鮮食品の販売・各種イベントの企画/運営
業種 商社・卸・小売・流通
URL http://uo1.co.jp/
pagetop