Vol.242
LIFE STYLE株式会社
代表取締役 永田雅裕

世界一の企画人財チームを作り、VR市場のパイオニアを目指す

360°VRを世界へ広めるパイオニアとして

当社はGoogleの認定代理店としてGoogleストリートビュー事業を展開するほか、VRを活用した企業のプロモーションをサポートしています。起業にあたっての目標は、「世界一の企画人財チームを作る」こと。VRは市場そのものがまだできあがっていません。今後、様々な“ワクワクする”企画によって「感動を起こす」ことで市場価値を高め、VRの第一人者を目指していきたいです。

LIFE STYLE(生き方)を大切にできる人財

社名でもある「LIFE STYLE」は、直訳すれば「生き方」となります。私は、働く社員には「生き方」を大切にしてほしいと考えています。生活する上で非常に多くの時間を費やすのが仕事の時間です。だからこそ、「生活のための仕事」ではなく、個々が自立して生き方を表現するために働いてほしい。そのため、国籍や年齢、雇用形態は関係なく、自分の生き方を体現できる人間が集まって当社を形作っています。実際にアメリカやイギリス出身のスタッフもいますし、インターン生でバリバリ活躍しています。定年を過ぎた人でも、良い人だと思えば採用します。そういった人間でなければ高い企画力は望めませんし、「世界一の企画人財チーム」を目指す当社にはそぐわないかもしれません。どれだけ自分の生き方が体現できるかは、人事評価にも反映しています。しっかりとした志を持ったスタッフは、しっかりと評価してあげたいです。

全員で一緒に目標へ向かうために

設立して3年目の若い会社ですので、これまではいわゆる即戦力の人財を集めてきました。現在取り組んでいることは、様々な会議を中心とした社内活性化のための活動です。その根本にあるのは、会社のビジョンを全員がしっかり把握すること。例えば、入社順に作ったグループで「LIFE STYLEはこんな会社だ」ということを考えてプレゼンを行う、未来会議。この会議ではスタッフそれぞれの会社に対する意識を共有し、理念への理解をより深めていくことができます。また、別々の部署のスタッフが仕事内容を共有する、ごちゃまぜ会議というものもあります。設立当初はメンバー全員が全ての仕事をしていましたが、人数が増えた今は役割分担ができるようになりました。その分、会社の向かう先がわからなくなってしまいがちです。そこで、ごちゃまぜ会議で仕事内容を共有することで、今、会社どこに向かっているかを明確にしています。

かんばん息子のここが好き
営業の赤嶺です。この会社の良い所は、用意してもらえる舞台がとにかく大きい所です。入社するまでは360°の撮影はおろか、普通の動画撮影だってやったことはありませんでした。そんな僕の人生初の360°動画の舞台は、シルク・ドゥ・ソレイユでした。講演会場で臨場感溢れる動画を撮影でした。大きなチャンスをたくさん貰える会社ですので、もっと多くのイベントに当社の事業を組み込んで、人々を楽しませたいですね。

LIFE STYLE株式会社

本社所在地 東京都港区南青山6-7-14チガー南青山3F
設立 2014年3月10日
資本金 -
事業内容 Google ストリートビュー事業
VR プロモーション事業
業種 ソフトウエア・情報処理系
URL http://l-s.co.jp/
pagetop