Vol.49
株式会社松屋(銀座)
人事部 担当部長 堀江 孝志

「デザインの松屋」として、いつまでも先進的な企業であり続ける

当社の特徴と今後の事業展開

当社は1869年(明治2年)に横浜で創業し、現在は銀座・浅草と、それぞれが特徴的な日本を代表する街に店舗を構える百貨店です。昨年の11月に創業150年周年を迎え、強みであるデザインに更なる磨きをかけ、デザインでお客様の生活を豊かにするお手伝いをさせていただく事を使命とした百貨店として、ご来店下さるお客様がお買い物を楽しんでいただくための、よりよい環境づくりに取り組んでまいります。

採用したい人物像

ここ数年で販売チャネルが増えたことによりお客様の「お買い物」の手法が多様化してきています。業界の既存のやり方では対応できないニーズも増加し、時代を素早くとらえる先進性と、その変化についてこられる人材が非常に重要になってまいりました。特に当社は店舗の数でいけば2店舗と、決して規模の大きな会社ではございません。「主体的に考えて目標を立て、失敗を恐れずに挑戦することが出来る」「現状をポジティブにとらえ、自ら進んで取り組んでいける」「自らの考えを適切に伝え、周囲のメンバーと協力しながら物事を前に進めることができる」
このような自らの考えで行動し、変化に的確に対応できる方にご入社していただき積極的に意見を挙げていただくことで、大手企業様よりも柔軟かつスピード感をもった変化をしていきたいと考えています。

選考で見ていること

当社は創業150年という歴史の長い企業ですが、デザイナーの視点で商品を選定する、日本初のセレクトショップとも言われている「デザインコレクション」売場の運営を戦後間もなくして始めるなど、創意工夫をしながらデザインを大切にしてきた企業です。選考では、先ほど申し上げたような、自分で考えて行動できる主体性や、変化に対応できる柔軟性を身に付けているかどうか、という事を見ますので、学生時代にゼミや部活動、アルバイトなど、何かに主体的に取り組んで来こられた経験があるかという事をお聞きします。また、百貨店のビジネスは、商品をお客様がお買い上げ下さることで、成り立ちますので、人やモノに対してどのぐらいの興味をもっている方なのかということを質問を通して確認しております。人やモノに興味を持つという事は、コミュニケーション能力やモノを見る目を向上させるという意味で、とても大切な要素だと考えております。

私が入社を決めたワケ
人からの信用と感謝を得られそうか、直接お客様の顔を見れる仕事かどうかを軸に企業を選んでいて、その中でも面接の担当者が一番話したい事を聞いてくれたのが印象的で入社を決めました。現在は二年間の紳士服売り場の経験を経て全館の販促を担当しています。置かれた環境で力を発揮し、その場所を明るくできるような「一隅を照らす」社員になれるよう、今後も尽力していきたいです。

株式会社松屋(銀座)

本社所在地 銀座店 東京都中央区銀座3丁目6番1号
設立 1919(大正8)年3月1日
資本金 7,132百万円
事業内容 百貨店業、通信販売業及びこれらに関連する製造加工、輸出入業、卸売業
業種 商社・卸・小売・流通
URL https://www.matsuya.com/ginza/
pagetop